header_bar
  1986年から1991年までの写真集 下の年代バーをクリックするとその年代の写真集が表示されます。 2002年から2006年までの写真集 2002年から2006年までの写真集 1997年から2001年までの写真集 1992年から1996年までの写真集 1986年から1991年までの写真集  
 
20周年記念ホームページ
生徒の作品集
2006年クラスのページ
新校舎の建設経過
 
     
 
 

創立20周年に寄せて

 

トヨタ自動車会長
張 富士夫

 セントラルケンタッキー日本人補習校が創立20周年を迎えられましたことを心よりお喜びいたします。また、これまでのケンタッキー州政府、ケンタッキー大学、文部科学省、外務省を始めとする日米の関係各機関、また教職員、理事会、保護者会、支援各企業の皆様のご努力に心から敬意を表します。

 私が現在のTMMK(Toyota Motor Manufacturing Kentucky)を設立するためにこのケンタッキーの地に参りました1986年には、日本人が快適に生活できる基盤が十分とは言えず、自動車の生産に関する準備と並行して、いろいろ苦労をしながらひとつひとつ問題を解決してまいりました。
特に、子女の教育は海外赴任を控えたご家族の最大の関心事であり、プロジェクトの当初より最重点事項の一つとして取り組みました。幸い、ケンタッキー州を始めとする関係諸機関のご理解とご協力をいただき、レキシントンに補習校を設置することができ、無事に最初の授業を行った時には本当にほっといたしましたことを昨日のように思い起こします。

 昨年、TMMKの創立20周年の記念式典に参加いたしましたが、日系企業の活動もますます盛んになり、セントラルケンタッキーの地が全米でも有数な親日的な地として大きく発展を遂げている様子を拝見し、万感の思いがありました。これも歴代の補習校の関係者の皆様の地道な活動があってのことと、改めて感謝の念を深くした次第です。

 本年は20周年記念事業として念願の専用施設が完成されたと伺いました。今後、授業は勿論、教職員や保護者の皆さんのコミュニケーションの一層の充実の場として、活用されていくものと存じます。事業の推進にあたられた関係者の皆様のご努力に深く敬意を表します。

 20年と申しますと、創立間もないころの生徒の皆さんは、既に社会の中堅層として活躍されていることと思います。ここケンタッキーの地で育ったサブレッドが世界中のレースで活躍しているように、今後も、セントラルケンタッキー日本人補習校の卒業生が、この地で学んだ国際感覚で、世界中で活躍されますよう、今後のますますの発展を心から祈念してお祝いの言葉とさせていただきます。